お座敷遊びのルール

お座敷遊び(おまわりさん、とらとら、金比羅船々など)のルールについて。向島の料亭 月笛



 お座敷で芸妓(芸者)と共に遊ぶお座敷遊び(芸者遊び)には色々ありますが、代表的なものを紹介させていただきます。是非、お越しいただき、芸妓とともにお座敷遊びをお楽しみください。


おまわりさん
ジャンケンをして、勝った方は太鼓をたたき、負けた方はぐるっと回るゲームです。

とらとら
ジェスチャー表現を使ったジャンケンです。
和唐内(やりでつく)、虎(よつんばい)、お婆さん(杖をつく)の組み合わせで、
和唐内は虎には強いがお婆さんには弱い。
虎は、お婆さんには強いが和唐内に弱い。
お婆さんは、和唐内に強いが虎には弱い。
このルールで屏風の両側に立って、前進しながら何れかのジェスチャーの格好をして出てきて、勝敗を決めます。

金比羅船々
芸妓(芸者)と向い合い、善の上に椀のような道具を真ん中に置き、「金比羅ふねふね」を歌いながら交互に手をのせます。
椀を片方が取ったら相手はグー、そのままならパーを出すルールで、間違えたら負けです。

可杯(べく杯)
天狗、ひょっとこ、おかめの絵が2個づつ描かれている六角形のコマを回して、軸が向いた方に座っている人が、コマに出た杯でお酒を飲み干すルールです。
天狗の杯:長い鼻が邪魔で置くことが出来ません。
ひょっとこの杯:ひょっとこの口に穴が開いているので、指でふさいでないとお酒がもれてしまいます。
おかめの杯:小さくて置く事が出来るラッキーな杯です。

菊の花
お猪口を人数分用意し小さなお盆に裏返して置きます。一つのお猪口に菊の花を隠します。
「誰が取るのか菊の花」と歌いながら一人ずつお猪口を開けていって、菊の花が出た人が罰ゲームで開いているお猪口でお酒を飲みます。

うさぎさん・たぬきさん
向かいに座っているお座敷の上座側と下座側で「うさぎさんチーム」と「たぬきさんチームに」分かれます。
この二つのチーム対抗の伝言ゲームとジャンケンを組み合わせたお遊びです。
先ず両チームのリーダーが何を出すかを決めます。
次に机の下で隣の人に順番に手を触って伝えていきます。
最後の人まで伝わったら、全員でじゃんけんをします。
間違った人がいたらそちらのチームが負け、お互いに間違っていたら引き分け、お互いに合っていたらジャンケンの勝ち負けで勝敗を決めます。
負けたチームが罰ゲームでお酒を飲みます。
投扇興(とうせんきょう)
桐箱の台座上に立てられた「蝶」と呼ばれる的へ扇子を投擲して、落ちた時の形により得点を算出し競うゲームです。

五重塔
お猪口を五つ重ねて上からお酒を注ぎます。
手を使わずに口だけでお酒を飲み、お猪口を重ねていくゲームです。
お座敷遊び、芸者遊び 五重塔
是非、向島の料亭月笛へお越しいただき、芸妓(芸者)とのお座敷遊びをお楽しみください。
ご予約、お問い合わせはお気軽に。一見さん歓迎
Tel:03-3621-4404 または 090-3517-6195
>向島芸者との楽しいご宴会のセット料金

営業案内のページへ戻る